日本軍縮学会
MENU
 
HOME
設立趣意書
規約
役員名簿
賛同者名簿
賛同者名簿
学会誌軍縮研究
入会お申し込み
プライバシーポリシー
 
規約
 
 

学会誌

日本軍縮学会編集委員会では、学会誌『軍縮研究』に掲載する査読付き論文を公募しています。
以下の「学会誌の概要」および「投稿規程」を参考に、応募して下さい。

          

「学会誌の概要」および「投稿規程」

学会誌の概要

  1. タイトル:「軍縮研究」(Disarmament Review)
  2. 発行回数:年1回(毎年3月末~4月はじめに電子版の発行を予定)
  3. 内容:論文中心の学術論文誌として、次のような構成とする。
    1. 査読付論文2-3本
    2. 解説または特別論文(依頼):重要なテーマにつき、依頼原稿として掲載。
      謝金は支払わないが、掲載誌を送付する。
    3. 研究ノート(最新の研究紹介など)、実践報告、書評など。
  4. 応募方法:原則として論文の電子ファイル版を編集委員会のメールアドレスtoukou@disarmament.jp 宛に送付する。
  5. 分野:軍縮に関するものであれば分野を問わない。編集の都合上、以下の3分野に分類する。
    1. 核軍縮・不拡散、その他の大量破壊兵器問題
    2. ミサイル、宇宙問題、安全保障貿易管理、他の兵器(地雷、小型兵器など)
    3. テロリズム、地域紛争、平和活動など。
  6. 編集日程
    8月下旬:理事会・総会を経て編集委員会で論文募集開始
    10月末:締め切り
    11月末:査読締め切り。査読結果を著者に通知
    1月末:修正原稿締め切り
    2月:修正原稿の査読結果を執筆者に通知
    3月半ば:編集委員会、最終内容を決定
    3月末~4月はじめ:ウエブサイトで電子版『軍縮研究』公開
    7月:印刷版『軍縮研究』発行予定
  7. 査読委員の選定
     編集委員会で決定する。査読委員は理事を優先し、次に理事の推薦する査読者リスト を作成する。執筆者および査読者の名前は互いに知らせないこととする。
     なお、査読基準としては学際的な政策論考を重視する。たとえば(1)新規性(2) 論理性(3)政策影響度等を候補とし、編集委員会から提案して、理事会の承認を得 る。

  ・執筆要領

  ・投稿規程

 
Copyright (C) 2009 Japan Association of Disarmament Studies.